16| 河北町 矢ノ目糀屋 糀屋カフェ たんとKitchen

暮らしに寄り添う
手づくり味噌と糀から、
味の記憶をたどる時間

村山市にあった「矢ノ目糀屋」の四代目を継承し、河北町にてご夫婦で糀屋を営むお店があります。初代より続く伝統製法でつくられる「木製樽仕込み天然醸造十五割米みそ」に、初代「矢ノ目 五八」の名を冠した「五八みそ」は、生きた糀たっぷりの手づくり看板みそ。ショップインカフェである「糀屋カフェたんとKitchen」では、糀はもちろん、糀屋ならではの甘酒やスイーツ、お食事の提供もしています。私たち日本人の生活に当たり前のように溶け込んだ味噌という味の記憶。矢ノ目糀屋の生きた糀からは、先代から受け継いだ糀の良さを残し伝えていきたいというご夫婦の愛が溢れてきます。

矢ノ目糀屋と糀屋カフェたんとKitchenのロゴ
冷蔵ケースには味噌をはじめバリエーション豊富な糀商品の数々
店内のイスや橙色の照明 土蔵の空気感はどこか懐かしい
五八みその量り売りも

糀屋のカレー みそ造り同様蒸した大豆が入った豆カレー 味噌のうま味と自家製さくらんぼのチャツネがポイント
お好みでカレー味噌を追加して辛さと味の変化をお楽しみください

お客様のもとへ届く日を待つ味噌樽 重石からはじわっと味噌の「溜まり」が滴ります
ふわふわの糀/辛さを調節できるカレー味噌
夫婦二人で作っています!
店主 川端さんご夫婦

お店オススメの情報

みそ作り体験など
詳しくはお店のFacebookページでご確認ください(お申込はお電話で)

矢ノ目糀屋 糀屋カフェ たんとKitchen

住所
河北町谷地甲90
電話
0237-85-0330
営業時間
10:00~19:00
定休日
日曜、毎月8日・28日