08| 鮭川村 古民家レストラン ほっこり処 みなもとや

心ほっこり、
お母さん達が手づくりする
鮭川村の季節のごちそう

鮭川村には、樹齢約1000年の「小杉の大杉」という巨木があります。トトロの木、縁結びの木、子宝の木などと呼ばれ、県内外から多くの観光客が訪れています。この小杉の大杉を見に来てくれた方に一息ついてもらい、おもてなしをする場として始まったのが「古民家レストラン ほっこり処 みなもとや」です。鮭川村の季節食材を用いた郷土の味をご馳走してくださるのは、地元グループ「おかげ様会」のお母さんたち。「みんなのおかげで楽しくいられる。感謝の気持ちをこめて、自分たちが出来ることで村の元気を応援したい」と結成されました。元気で仲良しなお母さんたちが、地元の食と古民家を利用した古き良き文化を残し伝えています。

鮭川村の指定文化財「小杉の大杉」
くつろぎの店内では、お昼寝する方もいるほど
手作りデザート(黒糖ババロア・ふぐれっこ)
築150年の古民家を利用した天井の高い店内

鮭川季節のうまいもの御膳 地域に伝わる家庭料理10品ほど+手作りデザート
※お越しになる3日前までご予約ください

鮭川村の朝採り野菜
自家栽培中のとびたけ
元気な母ちゃんたちが作ってだ料理食べて、
ほっこりしてってけろにゃ~。
待ってっさげにゃ~
左から、早坂たえ子さん・佐藤春子さん・野尻良子さん・丸山恵子さん

お店オススメの情報

・ふぐれっこ炒り体験(要予約)

・昔話語り体験(要予約)

古民家レストラン ほっこり処 みなもとや

住所
鮭川村曲川355
電話
090-2274-2700(早坂)・090-4633-3857(丸山)
営業時間
御膳とランチ 第1土・日曜日
カフェ 第2~4土・日曜日
11:30~14:00
※カフェはランチとコーヒーでの営業となります
定休日
※営業日以外はご予約での営業となります