12| 村山市 かいもちと田舎料理 くれない苑

広い座敷に明るい声。
懐かしい田舎料理は
丘の上にありました。

村山市の南側に位置し、見晴らしの良い高台にある「くれない苑」。昔はどの家庭でも親しまれていたという、そば粉をお湯で練りかき混ぜて作る「かいもち(そばがき)」と季節の田舎料理がいただけるお店です。ご主人のお母様が始められたお店と畑を受け継ぎ守ってきたのは、店主の森千佳子さん。近所のお母さんスタッフとともに畑仕事や料理作りをしています。台所を覗いてみると、お母さん方の明るく快活な話し声が聞こえ、かいもち作りでは驚きの工夫が見られます。田舎に帰ってきたようなのんびりした懐かしさとともに元気をもらえる空間です。

「かいもち」は、村山エリアの方言で「そばがき」の意。写真は、出来たてホカホカのかいもち
縁側は村山盆地と山々が一望できる絶景スポット
畳を踏みしめる感触が気持ち良い店内
季節によって変わる汁物も楽しみのひとつ(写真は伝統料理イルカ汁)

かいもち料理 梅 旬食材を昔ながらの作り方で心を込めたおもてなし
※お越しになる前までにご予約ください

自家菜園の見事なゴーヤーカーテン
畑から収穫される新鮮な野菜をすぐに漬物にすることが美味しさの秘訣
かいもち作りの様子
ぜひ見ていってくださいね
店主 森 千佳子 さん

お店オススメの情報

村山市農村伝承の家にてそば打ち体験(施設へ要予約)

かいもちと田舎料理 くれない苑

住所
村山市大久保甲4
電話
0237-54-2420
営業時間
ランチ  11:00~14:00
ディナー 17:00~20:00(完全予約)
定休日
火曜日