【食べに行ってみた通信 vol.21】自然・食 浄心庵

今日は、東根市関山にあるお店「自然・食 浄心庵」さんの農園ランチをご紹介します🍽
▶店舗ページはコチラ

玄関に農園ランチめぐりのメニューボードが掲示されていました✨(メニュー内容は時期によって変わるため、この日の内容も一部変更していました)

裏の畑が一望できるテラスへ。薪ストーブの隣にある唐辛子も絵になるような、自然体でおしゃれな空間です。良い天気のこの日は、太陽の日差しだけでポカポカ暖かかったです。

浄心庵さんは3日前までに予約が必要なため、事前にお伝えしてあるのですが、念のためガイドブックを提示して注文を♪

窓から見える秋の関山の風景を眺めながらゆっくり待ちます☺

お料理が運ばれてきました✨

『浄心庵膳』

左上から
・放し飼い鶏の玉子焼き
 (畑のえごまとしその実の佃煮、じゃこと畑の山椒のふりかけ添え)

佃煮とふりかけは、やさしい味の玉子焼きやご飯との相性抜群!

・畑の高菜漬け入り手作り水餃子
 (お好みで畑のパクチーと一緒に)

店主の大江さんが餃子作りに熱中しているとのことで、皮まで手作りの水餃子がメインに。具材に味が付いているものの、自家製だし醬油とフルーティでマイルドな酸味の自家製柿酢をブレンドした酢醤油を少しつけていただくのもおいしかったです!

・東根市特産の麩と大イチョウ茸の揚げ煮

麩を水で戻し溶き卵をからめて揚げた後、大イチョウ茸と一緒に煮た料理。一見するとどれが麩でどれがキノコかわからないのですが、食べてみると食感の違いがわかる一品。大イチョウ茸の歯ごたえと上品な出汁がポイントです。

真ん中に並んだ小鉢は、ワラビの一本漬け・ぺそら漬け・きゅうりの佃煮・えごまの自家製キムチ・カリカリ梅と庄内産らっきょう漬けの5皿。どれも塩分控えめのやさしい味付けですが、出汁やスパイス、果物を使用することで味にバリエーションがあるご飯にぴったりのバラエティー豊かな小鉢でした!

ご飯は天童市産「つや姫」の玄米を店内で「胚芽付き」で精米したもの。ふっくら炊き上がっていました🍚

お味噌汁は、茹でると赤紫色に変化するきのこ「アミタケ」と水菜、油揚げ入り。アミタケがつるっとしておいしかったです😋

ガイドブック特典である野菜プレゼントとして、この日は「自家栽培パクチー」をいただきました✨

浄心庵さんの畑で育つパクチーは、つい最近食べられるようになった初心者の私でも食べやすい穏やかな香りなので、自宅で食べるのが楽しみです。

また、浄心庵さんでは料理や調味料の作り方も教えてくれますよ!山菜やきのこなどの食材や、料理内容についてお話を伺いながらあっという間に完食してしまいました☺

農園ランチめぐりガイドブックの有効期間も後わずか!秋の農園ランチめぐりもぜひお楽しみください✨

浄心庵特製「柿酢」作りの様子