【食べに行ってみた通信 vol.13】漆山果樹園&カフェ

今回は、山形県のぶどう栽培発祥地、南陽市でぶどう農家をしながら加工品の製造・販売、カフェの営業まで手掛ける「漆山果樹園&カフェ」さんの農園スイーツをご紹介します🍽
▶店舗ページはコチラ

お店に到着し直売所に入ると、ぶどう品種一覧のポスター上に農園ランチめぐりメニューボードを発見しました✨

直売所の奥にあるカフェへ入店します♪

こちらの農園スイーツは前日まで要予約です☎ご予約の際に、農園ランチめぐりの予約であることをお伝えくださいね!

席に着きガイドブックを提示して予約の旨を伝えると、しばらくして農園スイーツが運ばれてきました✨
自社農園のぶどうをメインに、自社製造のジェラートやドライフルーツ、クッキーやバターサンドなどのスイーツが並びます。ドライフルーツの中にあるキウイも自家栽培しており、その他のりんごやいちごも県産のものを旬の時期に加工しているとのこと。漆山果樹園の豊富なスイーツメニューが一度に味わえる贅沢なセットです。

『漆山果樹園のティーセット』

この日のジェラートは、黒玉で特に甘い大粒ぶどう「ハニーブラック」を皮ごと使用したミルクジェラート。本場イタリアのジェラートマシーンで作られていて、とってもなめらかで繊細な口あたり!ぶどう本来の味を感じつつミルクと溶け合い、まろやかで上品な味わいでした🍨

また、サクッとほどける無添加クッキー生地に大粒ぶどうとデラウェアのレーズンを乗せて焼いた肉球クッキーは、漆山家の猫好きが高じて商品化したのだそう☺

その後ろには、本場バルバドス産のラム酒に小粒ぶどう「デラウェア」の無添加ドライフルーツをじっくり漬け込み、ルビーチョコ入りのバタークリームと合わせた特製ラムレーズンバターサンドが隠れていました♪

ドリンクは「ぶどうたっぷりアイスティー」を選びました🥤
ティーコーディネーターの資格を持つオーナーが厳選した、渋みが少なくフルーツとの相性抜群の紅茶「ニルギリ」をベースに使用。大粒ぶどうを10種類以上使用したオリジナルの果汁100%ぶどうジュースとブレンドしているため、紅茶が苦手な方も飲みやすいアイスティーでした。グラスの中には色とりどりのぶどうが散りばめられ、ぶどうジュースと紅茶のグラデーションが見た目にも涼しく可愛らしかったです✨

ほかにも、旬を迎えたフレッシュなデラウェアや瞬間冷凍してあるフローズンぶどう等を堪能したところで、最後に特典である自家製ドライフルーツをいただきました✨

ティーセットにあったキウイやりんご等のドライフルーツがおいしかったので、いくつもあるドライフルーツのなかから「紅茶を楽しむドライ」商品をチョイス。そのままはもちろんですが、紅茶に入れたり、ヨーグルトやクリームチーズと混ぜたり、水にドライフルーツを入れて作る”フォンダンウォーター”にしても良さそうです!

直売所では、果汁100%ぶどうジュースや自社ぶどうのワイン、各種スイーツ等も販売しており、

ぶどう畑では旬のデラウェアのぶどう狩り体験も開催していましたよ🚩

8月に入ると大粒ぶどうも続々色づいてくるとのこと🍇ぶどうシーズンである7月~9月までは無休営業になるそうですので、くれぐれもご予約を忘れずに!果樹園ならではのスイーツをたっぷりご堪能ください☺