【食べに行ってみた通信 vol.11】食堂 もちやかた

今回は、村山市にある「食堂 もちやかた」さんでの農園ランチをご紹介します🍽
▶店舗ページはコチラ

お店に到着すると早速、店先に飾られた農園ランチメニューボードを発見✨
女将さんが手を振って迎えてくれました♪

入店しガイドブックを提示して農園ランチを注文!ランチメニューは大まかに「もち定食」と「おこわ定食」の2種類なのですが、定番の和風なのものから”チョコもち”や”カレーおこわ”など洋風なものまでバリエーションがあり選ぶのが楽しいです。

同じ頃入店された2人組のお客様も農園ランチをご注文されていました✨

店内では、杵つきもちやおこわ、自社農園で栽培されたお米や加工したもち粉などの販売も行っています♪

食事の前に特典のドリンクが運ばれてきました。自家栽培のりんご「ふじ」を冬の間に絞った100%ジュース!

フルーティな香りと甘味がありすっきりとしたおいしさです🍎

ジュースを飲みながら待っていると、お昼を目前にして次々と車が🚗

しかし、なかなか入店されないなぁ…と思い外に目を向けると、きっとご近所の主婦さんなのでしょう、店頭の直売に並ぶきゅうりやキャベツを購入し、両手に抱えて帰られていきました☺

さて、お待ちかねの農園ランチの登場です✨

『4色のもち定食』

やっぱりもち定食!お餅は8種類の中から好きな味付けが選べます。今回は「いそべ・ずんだ・納豆・くるみ」にしました。もちやかたさんのお餅はなめらかでツルツル✨よく女将さんが「シルクのような」と例えてらっしゃるのですが、本当にきめ細か!程よく弾力もあるので噛みちぎりやすく、大きすぎず小さすぎない絶妙なサイズで何個でも食べられそうです。

この日の付け合わせは、
・ズッキーニとバジルのナンプラー炒め
・ラディッシュのピクルス
・とり肉のもち米シュウマイ
・木の芽のおひたし
・ミックスリーフのサラダ
・さくらんぼ「佐藤錦」
自社栽培の野菜やさくらんぼを中心に地域食材を使用し、郷土の味から海外を旅した女将のアイディア料理まで楽しめます✨(もち米の玄米を使ったシュウマイには驚きました!)

この日は、定食のみそ汁に+250円して「雑煮もち」にしてもらいました♪

ぜんまいやごぼう、にんじん、しめじ等の旨みとともに味わうお餅もおいしかったです☺

「4色のもち定食」は以上のラインアップなのですが、ランチメニューにはこんな変わり種も。その名も、旅好き女将のボーダレス料理シリーズ『チリコンカンドリア定食』。豆と肉をチリ(唐辛子)でスパイシーに煮たアメリカ南部のメキシコ風料理。チリコンカンの上には香ばしく焼けたチーズが溶け、それらを受け止めるように蒸かしたもち米がぎっしり詰まっています。他国籍料理の味わいをいかしながらもお米の腹持ちの良さもしっかりある、食べ応え抜群の一品です。他にも季節限定でグリーンカレーやマッサマンカレーのおこわなどもあり、今後の展開もきになります😋

さらに、14時~16時半のカフェタイムには、定番もちからスイーツな甘味もちまで楽しめるドリンク付きのカフェセットが楽しめます。もちろん、特典付きガイドブックが使えますよ~!

お店の営業は、農作業との兼ね合いもあり10月までは「土・日・月曜日」がオープン日となります🚩11月からは「土曜日~水曜日」と変わりますのでご来店の際はご注意くださいね!

「もち米は懐が深いんです~」と、もち米愛を語るスタッフがそろって迎えてくれる食堂もちやかたさんのもち・おこわ定食、この機会にぜひご堪能ください✨