【食べに行ってみた通信】リストランテ 喜右ェ門

米沢市から高畠町へ県道1号線の長手トンネルを抜けてすぐのところにある創作イタリアンのお店「リストランテ喜右ェ門」さんで、今日は農園ランチしてきました!

トンネルを抜けた最初の十字路を左に曲がると、立派な看板が見えてきます。

「喜右ェ門」は、オーナーである我妻さんご家族の屋号。先祖代々受け継いできた土地と、そこで育つ恵みを創作イタリアンで表現し伝えてくれます。

民家に溶け込むように建つ、一軒家風の親しみやすい建物♪扉を開けると…

真っ先に農園ランチめぐりメニューボードが掲示されていました!

メニューボードの前には大きなズッキーニが!畑で育ち過ぎた野菜がある時には、このようにして振る舞っているのだそうです。

店内に入ると、配膳カウンター上のボードが目に入ります。お店のメニューだけでなく、置賜地方やおきたま伝統野菜の紹介についても描かれていて、我妻さんが土地や食材を大切に想う気持ちが伺えます。

席について、農園ランチメニューである「プリモランチ」をオーダー♪
前菜盛り合わせ、パン、サラダ、パスタにドルチェとドリンクも付いています。

パスタは「今時期のパスタ」から選ぶことができ、「オイル系」「トマトソース系」「魚介系」など、常時3種類ほどがメニューにあがっています。

季節によって変わるパスタメニューですが、夏になると毎年楽しめる「喜右ェ門畑の茄子とトマトソースのスパゲッティーニ」が、ちょうどこの日解禁したばかりとのこと!メインパスタはこれに決まりです♪

前菜盛り合わせ・パン・サラダのプレートが出来上がりました。

この日のメニューは、上段 左から
夏野菜のカポナータ
ブロッコリーのアイオリソース
サラダ新玉ねぎの和風ドレッシング

下段 左から
枝豆とほうれん草のサルターテ
トマトの焼きカプレーゼ海老を添えて
蜂蜜入りオリーブオイルのバケット

枝豆はオリーブオイルと塩、ホワイトペッパーで味付けされ、ほうれん草には枝豆の味付けに加えニンニクと鷹の爪が使用されているとのこと。

どの料理も一見シンプルそうに見える前菜ですが、食べるとひとつひとつに細かな工夫が感じられます。その味付けを食べながら紐解いていくのも楽しい一品です♪

さて、いよいよメインパスタである喜右ェ門畑の「茄子」とトマトソースのスパゲッティーニが登場!

中央に盛り付けられた茄子がハート形になっていて可愛らしい♪

この茄子、柔らかいのですがしっかり形は残っていて、びっくりするほど甘いんです!食後に我妻さんにお聞きしたのですが、茄子の自然な甘さだけとのことで、あく抜きや下味の付け方だけ工夫しているそうです。

トマトソースとチーズ、自家栽培のパセリがそれぞれの役割を発揮しながら調和し、一つの料理として完成されていました。

そして、本日のドルチェとドリンク♪
ドルチェの右側は、山形県産デラウェア入りの爽やかなマスカットゼリーでした!

特典は、旬野菜に魚介やベーコンを合わせていただく喜右ェ門さんオリジナルパスタ「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」のレシピカード!裏面に作り方が載っているのですが、その時ある食材の組み合わせでいろんな具材のペペロンチーノを作ることができるようになっているんです♪

喜右ェ門さんのパスタメニューにも「アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ」があるので、お店で食べた食材や味がお家でも作れるようになれるかも…!?

ちなみにこの日のパスタメニューに並んでいたのは、喜右ェ門畑の「ズッキーニ」とベーコンのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ♪

千切りした2色のズッキーニがパスタとよく絡まり、ベーコンの旨味とにんにく・唐辛子がアクセントになっています。

お家でも作ってみたいと思います!ぜひ皆さんも喜右ェ門さんオリジナルレシピで家庭料理に新たな彩りをプラスしてみてください♪

喜右ェ門さん、ごちそうさまでした!

▶「リストランテ喜右ェ門」店舗ページはコチラ